イザ!カエルキャラバン!
イザ!カエルキャラバン!について
防災体験プログラム
開催報告

カテゴリ:海外プロジェクト( 12 )

モンゴルで防災ワークショップを行いました。

2011年2月よりイザ!カエルキャラバン!を展開しているモンゴルにて、「ウランバートル市地震災害軽減啓発キャンペーン(2013年6月開催予定)」を実施するためのワークショップが、2012年9月20日~21日、行われました。
※本キャンペーンは、JICA技術協力プロジェクト「ウランバートル市地震防災能力強化プロジェクト」の一つです。

モンゴルは、近年観測される地震が増加する傾向にありながらも、災害への備えは十分ではなく、また、日本のように大震災の経験がありません。
そのため、本ワークショップでは、防災関係機関(ウランバートル市非常事態局、NEMA:NATIONAL EMERGENCY MANAGEMENT AGENCY、教育機関、赤十字等)の地震防災及び地震防災啓発に関する理解を深めると共に、キャンペーンで実施する活動についての検討がされました。

その中で、プラス・アーツは、モンゴルの方々に地震に対するイメージを深めてもらうために、地震イツモノートの内容を活用しながら、阪神・淡路大震災において、自助と共助が重要であったことや市民は何に困って、その問題に対して、どう対応していたかを紹介しました。
c0036272_1118264.jpg
<講義の様子>


そして、防災カードゲーム「なまずの学校」で扱っている災害時の問題をいくつか取り上げて、モンゴルでの対策方法を、ワークショップ形式で考えてもらいました。その結果、以下のようなモンゴルならではの回答が得られました。
●担架の代わりとして、毛布以外にも、デール(モンゴルの民族衣装)が活用出来る。
●非常食として、干し肉や干し乳製品といった保存食が役立ちそうである。
●モンゴル人が好んで食べる牛肉の缶詰も非常食として活用出来る。
c0036272_114963.jpg
<なまずの学校を用いたワークショップの様子①>
c0036272_1128249.jpg
<なまずの学校を用いたワークショップの様子②>


非常時の持ち出し品についても、プラス・アーツが日本で推奨している12品目を、その活用方法と一緒に紹介し、モンゴルでは、どのような防災グッズをリストアップした方が良いかを考えてもらいました。
c0036272_1151580.jpg
<非常持ち出し品の検討ワークショップの様子>


キャンペーンの活動内容の検討に当たっては、参考事例として、イザ!カエルキャラバン!の防災体験プログラムを改めて紹介すると共に、若い家族を中心に多くの方に参加してもらえるよう楽しみながら学べる工夫をしていることを伝えました。また、日本とモンゴルでは、地形環境や文化に違いがあり、災害時における対策方法も若干異なってくるため、カエルキャラバンの防災体験プログラムをそのまま取り入れるのではなく、アレンジしたり、新しくプログラムを開発したり、ローカライズの重要性も伝えました。

2日間のワークショップでしたが、今回の内容が、来年6月に予定されているキャンペーン(さらには、モンゴルの防災教育)に対する一助となれば幸いです。
c0036272_11531675.jpg
<集合写真>
[PR]
by kaerulab | 2012-10-25 11:59 | 海外プロジェクト | Comments(0)

コスタリカでカエルキャラバンが広がっています

先日コスタリカからカエルキャラバンの開催報告がありました。2009年に現地でレクチャーとワークショップを行ってから3年。様々な方々の手でカエルキャラバンを実現させていただいたこと、大変嬉しく思います。

早速他の地域からも声が掛かっているとのことで、今後も広がっていく予感・・・。

カエルキャラバンをきっかけとして、コスタリカに“楽しく学ぶ防災教育活動”が広がっていくことを期待しています。


■2010年11月 アラフエラでの開催の様子

c0036272_11592783.jpg
バケツリレー

c0036272_11594512.jpg
水消火器で的当てゲームその1

c0036272_11595253.jpg
水消火器で的当てゲームその2 : オリジナルの的ができていますね!

c0036272_120050.jpg
シーツで担架リレー

c0036272_1201268.jpg
クイズコーナー

c0036272_120665.jpg
身近なものを使った応急手当



■2012年4月 サンタクルスでの開催の様子

c0036272_120356.jpg
紙食器づくり

c0036272_1204272.jpg
持ち出し品クイズ

c0036272_1205058.jpg
シーツで担架リレー

c0036272_1205888.jpg
煙避難体験

c0036272_121334.jpg
JICAボランティアテントの様子
[PR]
by kaerulab | 2012-05-30 12:26 | 海外プロジェクト | Comments(0)

イザ!カエルキャラバン!in モンゴル②

JICAがモンゴル政府と共同で実施する「日本・モンゴル地震防災・減災共同セミナー」(日本・モンゴル国交40周年記念)の2日目にカエルキャラバンが実施されることを受け、前回(2011年2月)のデモンストレーション後カエルキャラバンがどのような拡がりをみせているかについて、現地での状況確認と更なる内容のブラッシュアップを行うため、2012年3月18日~23日までモンゴルへ行ってきました。

※前回のデモンストレーションの様子は、こちらをご覧ください。
『イザ!カエルキャラバン!in モンゴル』(2011 2.15~2.18)
http://kaerulab.exblog.jp/15992099/



■3月21日「イザ!カエルキャラバン!」視察 (チンゲルテイ地区 第23学校)
ウランバートル市のNEMA職員が指導員となり、チンゲルテイ地区第23学校の7年生に対し、カエルキャラバンを実施。生徒たちは5~6人のチームを作り、オリエンテーション形式で6つの防災体験プログラムを体験した。プログラム毎に審判がおり、ゲーム性を持たせながらも内容をしっかり学ぶものになっていました。

<実施プログラム>

c0036272_1634648.jpg
ジャッキアップ体験

c0036272_1691164.jpg
毛布担架体験

c0036272_1692182.jpg
心肺蘇生

c0036272_1692826.jpg
身近なものを使った応急手当て

c0036272_1693742.jpg
家庭に備えておくとよいアイテムクイズ

c0036272_1694531.jpg
紙食器づくり

c0036272_1695187.jpg
防災カードゲーム「なまずの学校」


今後は、第23学校のカリキュラムとして毎月実施していく予定で、今回体験した7年生が指導者となり下級生にノウハウを伝えながら継続的に実施していく仕組みを作り、他学校にも広めて行きたいとおしゃっていました。



■3月21日「日本・モンゴル地震防災・減災共同セミナー」
「日本・モンゴル地震防災・減災共同セミナー」(日本・モンゴル国交40周年記念)として、1日目(21日)に、これからスタートする『ウランバートル市地震防災能力向上プロジェクト』のキックオフとしたセミナーを行い、2日目(22日)には、市全体を対象とした大規模な防災訓練が行われました。


「日本・モンゴル地震防災・減災共同セミナー」
『ウランバートル市地震防災能力向上プロジェクト』のキックオフのセミナーで、JICA専門家より、東日本大震災からの復興の取り組みや、日本の地震防災・減災に関する技術や経験を参加者に伝えました。
モンゴルからも、ウランバードルの減災対策や緊急時の復旧・復興対応などについて情報提供が行われました。
c0036272_18303851.jpg



■3月22日防災訓練(チンゲルテイ地区 18番アパート)の様子
アパート住民を対象に防災訓練を実施。
公園に避難した後、カエルキャラバン防災体験プログラムが実施されました。

<避難訓練>
c0036272_18584544.jpg

c0036272_18591498.jpg

c0036272_18592980.jpg


<防災体験プログラム>
c0036272_18481249.jpg

c0036272_18482129.jpg

c0036272_18483096.jpg

c0036272_1955966.jpg
c0036272_1964134.jpg

c0036272_1965439.jpg



プラス・アーツによるレクチャー (チンゲルテイ地区 第23学校講堂)
防災訓練に参加した住民、NEMA合わせて50人前後の参加者に向けて、現在行っている取り組みをさらに自分たちに合った方法やテーマにブラッシュアップしてもらうために、プラス・アーツからのレクチャーを行いました。
c0036272_19174921.jpg

〈取り上げたテーマ〉
①阪神・淡路大震災の写真
②持ち出し品(防災グッズ)解説
③なまずの学校
④家具転倒防止対策
⑤まとめ

できる限り現地の状況に対応した内容をピックアップし、併せて、各々が住んでいる地域の特性に合わせてプログラムを編集したり開発したりすることが大切であることを伝えました。
また、コミュニティがそこまで密接ではないというモンゴルの状況をふまえ、各家庭で備えることの大切さと共に、地域住民同士で助け合うことの大切さについて伝えるよう配慮しました。


今回、現地での動きを実際に肌で感じ、モンゴル政府による大規模な防災訓練や対策が急速に進められていることを感じました。
今回伝えた事がどのように生きてくるかはこれからの動向をしっかりと捉え、プラス・アーツとしてできることを考えサポートしていきたいと思います。
[PR]
by kaerulab | 2012-04-06 14:33 | 海外プロジェクト | Comments(0)

イザ!カエルキャラバン!inブータン

アジア防災センターが取り組む氷河湖決壊洪水(GLOF)対策パイロットプロジェクトの一環として、2012年2月24-25日にブータンのプナカで防災ワークショップ(「イザ!カエルキャラバン!」を含む)を実施しました。ブータンの災害管理局(DDM)をカウンターパートナーとして、アジア防災センターと一緒に、ブータンのプナカ市でワークショップを行いました。
1日目となる24日はプナカの電気工学高校の学生20名を対象に、午前は「東日本大震災について」「地震発生のメカニズム」などの講義を、午後は「イザ!カエルキャラバン!」の事前研修を、一日かけてしっかりとレクチャー。
2日目となる翌25日には、地元小中学校の校庭で「イザ!カエルキャラバン!(スタンプラリーVer)」を実施しました。前日に研修を受けた高校生たちがファシリテーターとなり、小中学生約250名に対して防災のワークショップを実践しました。
ブータンの防災担当であるDDMからは、プナカだけでなく全国で展開していきたいとの要望があげられ、今後も継続してブータンで活動を広げていけるようにワークショップツールとマニュアルブックを提供しました。今後のブータンの防災力強化に期待するとともに、継続的な支援をしていきたいと思います。

地元高校生に対する事前研修会(2012年2月24日)

「イザ!カエルキャラバン!」の開発経緯を始め、インドネシアや中米などでの海外展開について説明。そして翌日の本番に向けて、各防災体験プログラムを実施するためのノウハウを、ひとつひとつしっかりとレクチャーしました。

c0036272_11285229.jpg
紙食器づくり

c0036272_1129362.jpg
ジャッキアップゲーム

c0036272_1130574.jpg
バケツリレー

c0036272_1131251.jpg
記念撮影

地元の小中学校での本番(2012年2月25日)
まず学校の講堂を使って「東日本大震災」や「地震のメカニズム」について講義を行いました。その後、校庭で「イザ!カエルキャラバン!」を実施しました。かえっこバザールは実施せず、参加する生徒をチームに分け、各防災体験プログラムをまわってもらい、スタンプを集めていくというスタンプラリー形式で行いました。

c0036272_11362186.jpg
アジア防災センター職員による講義の様子

c0036272_1137495.jpg
持ち出し品なあに?クイズ

c0036272_11373690.jpg
毛布担架

c0036272_1138351.jpg
応急手当ワークショップ

c0036272_11422892.jpg
バケツリレー

c0036272_11425850.jpg
ジャッキアップゲーム

c0036272_11432145.jpg
なまずの学校

c0036272_11434424.jpg
スタンプラリーの様子

c0036272_1147547.jpg
小さな子どもたちも手伝ってくれました!
[PR]
by kaerulab | 2012-02-25 10:00 | 海外プロジェクト | Comments(0)

モンゴルでカエルキャラバンの防災プログラムが活用されています。

4月中旬にウランバートル市地震防災シミュレーションの一部として市内小中学校125校で一斉避難訓練が実施されました。
その中で最も大きな規模の訓練を実施した45番学校では、教室での地震時の身の処し方、2階窓からの被災者の救出、校庭での消火器を用いたガソリン炎の消火、消火器の使用方法、生徒・先生によるバケツリレー等の訓練を行った後、体育館で2月に現地で研修を実施した「イザ!カエルキャラバン!」の防災プログラムが実施されました。

※2月の研修の様子は、こちらをご覧ください。
『イザ!カエルキャラバン!in モンゴル』(2011 2.15~2.18)
http://kaerulab.exblog.jp/15992099/


<訓練の様子>

c0036272_16575541.jpg
訓練が実施された45番学校の入口

c0036272_1658071.jpg
「避難路」、「避難の注意点」について貼り出している様子

c0036272_1658697.jpg
消火訓練

c0036272_16581190.jpg
外傷・骨折に対する応急処置訓練

c0036272_16581640.jpg
新聞紙を用いた食器づくり

c0036272_16582253.jpg
家庭での防災準備物の確認

c0036272_16582753.jpg
カエル人形を用いた搬送訓練

c0036272_16583151.jpg
CEO専門家も搬送される患者役で参加しました。
[PR]
by kaerulab | 2011-08-10 16:00 | 海外プロジェクト | Comments(0)

イザ!カエルキャラバン!in モンゴル

内閣府(防災担当)の「平成22年度アジア各国等の防災力強化支援事業」の一環として、アジア防災センターとNEMA(NATIONAL EMERGENCY MANAGEMENT AGENCY/モンゴル)から依頼を受けて、モンゴルの首都ウランバートルにてイザ!カエルキャラバン!を実施しました。本プロジェクトでは、現地の方々によってイザ!カエルキャラバン!が継続開催出来るように、2ヶ所のモデル校を対象に、NEMA職員・学校教員向けと生徒向けの事前研修、イザ!カエルキャラバン!本番の流れで行いました。現在、モンゴルでは急激な都市化が進んでおり、コミュニティも発達していないということで、まずは、自分の身や友人・家族を助けるための防災の知恵や技を伝えるプログラムを中心にセレクトしています。また、モンゴルでは、これまで地震が少なかったため避難訓練もほとんど行われておらず、アジア防災センターのレクチャーにより、避難訓練も実施されました。


NEMA職員・学校教員向け事前研修(2011年2月15日~16日)
イザ!カエルキャラバン!の開発経緯を始め、インドネシアや中米などでの海外展開について説明しました。海外展開については、各国々で自主的にプログラムをアレンジしてカエルキャラバンを実施している事例として紹介しています。そして、本番に向けて、各防災体験プログラムを実施するためのノウハウもレクチャーしました。

c0036272_1522714.jpg
ジャッキアップゲーム

c0036272_15205756.jpg
毛布で担架タイムトライアル

c0036272_15232575.jpg
バケツリレー

c0036272_1524022.jpg
紙食器づくり

c0036272_15241635.jpg
なまずの学校


生徒向け事前研修(2011年2月15日~16日)
地震についてほとんど知らない生徒が多いため、まずは、阪神淡路大震災の記録映像などを用いて、その恐ろしさを感じてもらい、防災の重要さを伝えました。そして、クイズなどを織り交ぜながら様々な防災の技や知恵を紹介しました。本研修に参加している生徒は7~8年生(中学校1~2年生)で、中には赤十字のボランティア活動に参加している生徒も多数いました。

c0036272_15253495.jpg
地震の記録映像の鑑賞

c0036272_1527039.jpg
家具転倒防止ワークショップ

c0036272_15274512.jpg
持ち出し品なぁに?クイズ

c0036272_1528745.jpg
応急手当ワークショップ

c0036272_15283117.jpg
紙食器づくり

c0036272_15285456.jpg
毛布で担架タイムトライアル

c0036272_15292985.jpg
なまずの学校

c0036272_15295717.jpg
防災体操


イザ!カエルキャラバン!本番(2011年2月17日~18日)
学校の講堂を使ってイザ!カエルキャラバン!を実施しました。おもちゃの流通状況も日本とは異なるため、かえっこバザールは実施しないで、参加する生徒を約6名ずつのチームに分け、各防災体験プログラムに点数を設けてチーム毎に総合得点を競い合う形で行いました。この仕組みは、NEMAの職員が工夫して考え、運動会のようなカエルキャラバンとなりました。

c0036272_15342119.jpg
持ち出し品なぁに?クイズ

c0036272_15324728.jpg
ジャッキアップゲーム

c0036272_1533599.jpg
毛布で担架タイムトライアル(カエル人形だけではなく人も運んでいました。)

c0036272_15334312.jpg
応急手当ワークショップ

c0036272_1534312.jpg
紙食器づくり

c0036272_1534536.jpg
なまずの学校

c0036272_153595.jpg
得点集計

c0036272_16104033.jpg
表彰式(高得点のチームから生徒に表彰状とオモチャが渡されました。)


避難訓練(2011年2月17日~18日)
日本の避難訓練と同じように、まず、生徒は机の下に隠れ、合図と同時に外の広場に避難しました。広場では応急手当、シューター訓練、消火訓練、さらに、カエルキャラバンのプログラムでもある水消火器で的当てゲームやバケツリレーも避難訓練と合わせて行われました。

c0036272_15362365.jpg
机の下で身を守る

c0036272_15365244.jpg
避難

c0036272_15372122.jpg
シューター訓練

c0036272_15374083.jpg
応急手当(ケガ人役の顔には血が描かれていて手が込んでいます。)

c0036272_1538055.jpg
消火訓練

c0036272_15382597.jpg
水消火器で的当てゲーム

c0036272_15385032.jpg
現地制作の的(炎の部分に当てるとNEMAのロゴが現れます。)

c0036272_15394686.jpg
バケツ消火で的当てゲーム(大きな旗を用いて、オリジナルの的が制作されていました。)

c0036272_15423451.jpg
バケツリレー(気温-20℃の中、頑張って訓練しています。)


イザ!カエルキャラバン!の企画は2010年12月より始動したのですが、アジア防災センターはもちろん、NEMAの職員を中心とした現地の方々が精力的に取り組み実現しました。短い準備期間にも関わらず、水消火器の的やカエル人形が制作されており、その行動力には驚かされました。また、教員や生徒も一生懸命であり、研修中、生徒からの挙手や発言も多くありました。NEMA職員、学校の教員、生徒が一丸となって取り組む様子は、防災を軸とした地域コミュニティ活性化の可能性も伺え、日本における今後の活動への学びとなりました。これからも、モンゴルの防災力向上を目指してサポートしていきたいと思います。

c0036272_1556504.jpg
モンゴル版 カエル人形(なぜか服を着ています。)

c0036272_1557212.jpg
集合写真
[PR]
by kaerulab | 2011-03-01 14:00 | 海外プロジェクト | Comments(0)

エルサルバドル、サンルイスタルパ市でカエルキャラバン開催

中米4箇所目であり最後の開催地、エルサルバドル・サンルイスタルパ市でのカエルキャラバンの様子を報告いたします。

市役所の方の声掛けを元に、おじいちゃんから若者まで市民の有志の方々がスタッフとして集まりました。また、先行開催地グァテマラからスタッフが手伝いに駆けつけてくれ、一緒に説明のサポートをしてくれるなど、充実した説明会となりました。

■7/16 事前説明会
c0036272_15282224.jpg
様々な世代の市民が集まってくれました。

c0036272_15303857.jpg
毛布担架のデモンストレーション。

c0036272_15314219.jpg
ジャッキアップゲームのデモンストレーション。

c0036272_15335636.jpg
バケツリレーのデモンストレーション

c0036272_1534760.jpg
バケツで的当てゲームのデモンストレーション

c0036272_15342063.jpg
持ち出し品なぁに?クイズのデモンストレーション

c0036272_15343392.jpg
紙食器づくりのデモンストレーション

c0036272_15344671.jpg
応急手当ワークショップのデモンストレーション

c0036272_15372686.jpg
なまずの学校のデモンストレーション。

c0036272_15374534.jpg
最後はやっぱり防災体操。

c0036272_1535542.jpg
c0036272_15351694.jpg

看板づくりの様子


■7/19 本番:サンルイスタルパ市での実施。

当日の天気はあいにくの雨。前日から降り続く激しい雨により災害警報イエローシグナルが発令され、ボランティアスタッフの半数が来れなくなるという事態が発生!急遽、会場となった学校の高学年の生徒を集め、緊急サポートスタッフとして動いてもらいました。

c0036272_15484834.jpg
会場には『歓迎!アオガエルキャラバン(直訳)』の文字が。

c0036272_15565852.jpg
イベント開始前の全体説明の様子です。100人ほどの子どもが集まりました。

c0036272_15574165.jpg
ジャッキアップゲーム
c0036272_15575158.jpg
ジャッキを使わない方法(てこの原理で持ち上げる方法)も実践されました

c0036272_1558524.jpg
バケツで的当てゲーム

c0036272_15582282.jpg
持ち出し品なぁに?クイズ

c0036272_15584211.jpg
c0036272_15585177.jpg
毛布で担架タイムトライアル

c0036272_1559848.jpg
なまずの学校

c0036272_15592221.jpg
応急手当ワークショップ

c0036272_15593662.jpg
紙食器づくり

c0036272_15595774.jpg
現地のテレビ局が取材に来ていました。イベントの様子は、当日お昼と夜のニュースで放映されたそうです。

c0036272_1605480.jpg
防災体操

c0036272_161182.jpg
開催後の評価会。今後のカエルキャラバンの展開について、活発な意見交換が行われました。


驚いたことに、緊急スタッフの高学年の生徒たちが、少しの説明にもかかわらず華麗にプログラムをこなしてくれました。彼らのパフォーマンスは素晴らしかったです。また、間違えたら何度も繰り返すなど、どのプログラムも熱心に防災の知恵や技を伝えていました。田舎の町サンルイスタルパならではの純粋なカエルキャラバンが開催されたと感じます。

中米でのカエルキャラバンはこのサンルイスタルパをもって一旦終了。我々が行ったデモンストレーションを現地の方々がどう捉え、どう広げていくのか、今後も現地と連絡を取り合いながら見守っていきたいと思っています。

関わってくださった全ての皆さま、どうもありがとうございました!Muchas gracias!
[PR]
by kaerulab | 2010-07-23 16:15 | 海外プロジェクト | Comments(0)

エルサルバドル、サラゴサ市でのカエルキャラバン開催

先日のグァテマラに続く開催地、エルサルバドルでの一箇所目のカエルキャラバンが開催されました。舞台はサラゴサ市。首都サンサルバドルから車で約40分くらいの場所です。

今回集まったボランティアスタッフはなんと高校生!しかも1年生が中心。こんなに若いスタッフを迎えてのカエルキャラバンは初めてです。

■7/15 事前説明会

c0036272_14135465.jpg
毛布担架のデモンストレーション。

c0036272_14143298.jpg
ジャッキアップゲームのデモンストレーション。

c0036272_14144696.jpg
なまずの学校のデモンストレーション。

c0036272_14145688.jpg
最後にみんなで防災体操をしました。


■7/17 本番:サラゴサ市での実施。

c0036272_1415673.jpg
まずは看板づくりからスタート。

c0036272_14195519.jpg
バケツリレー

c0036272_14214881.jpg
途中一時的に激しい雨が降り出し、雨の中での実施となりましたが、とても盛り上がりました。

c0036272_14231210.jpg
ジャッキアップゲーム

c0036272_14234376.jpg
バケツで的当てゲーム

c0036272_1424434.jpg
持ち出し品なぁに?クイズ
お!お父さんも参加していますね!
c0036272_14244094.jpg
c0036272_14245491.jpg
毛布で担架タイムトライアル

c0036272_14251820.jpg
なまずの学校

c0036272_14253886.jpg
応急手当ワークショップ

c0036272_14322795.jpg
紙食器づくり

c0036272_14332063.jpg
ダンボールでキャタピラレース

c0036272_143347100.jpg
アンケートコーナー

c0036272_1434214.jpg
最後は防災体操です。この写真は、神戸市のマークを全身で表現している様子です。遂に神戸マークが国境を越えました!

c0036272_14362232.jpg
開催後の評価会にて、中米BOSAIプロジェクトよりサラゴサ市長にカエルキャラバンTシャツが贈呈されました。


若いスタッフが集まってのカエルキャラバンとなりましたが、事前に防災教育を受けてから臨んでいたようで、本番ではしっかりと子どもたちを相手に防災の知恵・技を伝えていました。

今回の活動を受けて、10月に行われるサラゴサ市のお祭りでカエルキャラバンが実施されることが決まりました。現地のスタッフだけで実施するカエルキャラバンです。事後の評価会では、今回関わってくれた彼ら若者をリーダーとしてコーディネートしながら、防災の知恵や技を広げていくことが約束されました。

10月、エルサルバドル・サラゴサ市からの開催報告が届いたら、このブログにて報告します。
次は最後の開催地、サンルイスタルパでの実施です。
[PR]
by kaerulab | 2010-07-19 14:45 | 海外プロジェクト | Comments(0)

イザ!カエルキャラバン!in グァテマラ

7月上旬から2週間中米に滞在し、グァテマラ、エルサルバドルの2ヶ国でカエルキャラバンのデモンストレーションを開催しています。

現地の方々をスタッフに迎え、防災ワークショップ実施のノウハウを伝え、また同時に、この国の状況に合わせてプログラムをブラッシュアップするなど、今後も現地の人の手によってカエルキャラバンが展開していけるような形での支援が行われました。

■7/7 事前説明会
c0036272_22585424.jpg
毛布担架の説明。

c0036272_225988.jpg
なまずの学校の説明。現地の方に問題を読んでもらいました。

c0036272_22591814.jpg
看板づくりの様子。


■7/8 グァテマラ・シティ  CONRED(国家災害対策委員会)敷地内での実施。

c0036272_21375689.jpg
バケツリレーその1

c0036272_21373524.jpg
バケツリレーその2

c0036272_21382855.jpg
ジャッキアップゲーム

c0036272_21384190.jpg
バケツで的当てゲーム

c0036272_21385822.jpg
持ち出し品なぁに?クイズ

c0036272_21391031.jpg
毛布で担架タイムトライアル

c0036272_21392219.jpg
なまずの学校

c0036272_2213616.jpg
応急手当ワークショップ

c0036272_2215616.jpg
紙食器づくり

c0036272_21393555.jpg
最後にスタッフ全員で記念写真


■7/9 アンティグア サンフアン・アルテナンゴ  火山のふもとの村での実施

c0036272_2154015.jpg
ますはスタッフで防災体操

c0036272_21484387.jpg
バケツリレーその1

c0036272_21485519.jpg
バケツリレーその2

c0036272_21493759.jpg
ジャッキアップゲームその1

c0036272_21492458.jpg
ジャッキアップゲームその2

c0036272_21495271.jpg
バケツで的当てゲームその1

c0036272_2150575.jpg
バケツで的当てゲームその2

c0036272_21501861.jpg
持ち出し品なぁに?クイズ

c0036272_2150324.jpg
毛布で担架タイムトライアルその1

c0036272_21504391.jpg
毛布で担架タイムトライアルその2

c0036272_2151531.jpg
なまずの学校

c0036272_21574221.jpg
応急手当ワークショップその1

c0036272_21523339.jpg
応急手当ワークショップその2

c0036272_21524760.jpg
紙食器づくりその1

c0036272_21525976.jpg
紙食器づくりその2

c0036272_21533154.jpg
防災体操その1

c0036272_21534672.jpg
防災体操その2


■7/12-13 教材開発会議

2箇所での開催後、グァテマラの状況に合わせた形へのプログラムのブラッシュアップが行われました。

グァテマラで調達できる持ち出し品が改めて選定されたり、バケツで的当てゲームで使用する水が一部地域では貴重な資源であり、そういった地域でどう実施するかについてなど、様々な意見が交わされました。
c0036272_2354062.jpg

その後、グァテマラの災害種に合わせた新規教材開発が行われ、グァテマラならではの視点をもった多彩なプログラムが考案されました。

また、考えたプログラムを実際に実現するための資源(スケジュール、資金をどう集めるか、人員はどんな人でどう集めるか)を含んだアクションプランが各チームから発表され、会議が終わった後も、継続して実現に向けて動いていくことが確認されました。
c0036272_2354898.jpg
話し合いの様子

c0036272_2364179.jpg
話し合いの様子

c0036272_2355763.jpg
話し合いの様子

c0036272_236684.jpg
話し合いの様子

c0036272_2361486.jpg
発表の様子

c0036272_2362381.jpg
発表の様子

c0036272_2363117.jpg
発表の様子


グァテマラでは2ヶ所での開催でしたが、日本で生まれた防災ワークショップがグァテマラの子どもたちにも通用すること、また、“防災”という考え方が世界で必要とされていることを実感しました。

開催当日には、現地のメディアや教育関係者の方々が見学に来られ、早速次の開催の依頼があったり、学校現場で活動を広げていきたいという声があるなど、カエルキャラバンがこの国で広がっていく可能性を感じました(※当日の様子は新聞にも取り上げられました)。

今後も心強いボランティアスタッフとCONRED職員の手によって、イザ!カエルキャラバン!がグアテマラで実施されていくと思います。開催の様子は、またこのブログで報告いたします。


次の開催地はエルサルバドル。グァテマラと同じように、イザ!カエルキャラバン!が根付いていくように、開催をサポートしたいと思います。
[PR]
by kaerulab | 2010-07-14 22:13 | 海外プロジェクト | Comments(0)

イザ!カエルキャラバン!inインドネシア

ついにイザ!カエルキャラバン!も海外進出です。
インドネシアのジョグジャカルタで行なわれたイザ!カエルキャラバン!の様子です。



c0036272_22332486.jpg

        かえっこの様子


c0036272_22341739.jpg

        バンクは皆楽しそうでした。


c0036272_22345731.jpg

        バケツリレーはピンポン玉が入っています。


c0036272_22353830.jpg

        応急救護は万国共通です。


c0036272_2236183.jpg

        ケロゾウを落とさないように!!


c0036272_22365781.jpg

        新聞紙で皆で紙食器を作ってますね。


c0036272_22375814.jpg

        オークションの様子  藤さんも写ってます。



ぜひ!来年もできたらいいですね!
[PR]
by kaerulab | 2009-11-02 22:25 | 海外プロジェクト | Comments(0)